北海道新聞 旭川支社 + ななかまど

北海道新聞 旭川支社 + ななかまど

動物と、人と、しあわせと。

獣医師、動物看護師、しつけインストラクター、動物病院従事者が 中心となって、専門的視点に立って、人と動物の愛を護る活動を するNPO手と手の森と旭川市動物愛護センター『あにまある』 からお届けする動物と人とのお話です。


Vol.079 動物たちの抱えるストレスの要因とその対処法について

動物がストレスと感じるその要因は下記のようなものがあげられます。
●気候の変動に伴うストレス
●生活環境の変化に伴うストレス(引っ越し、結婚、工事などでの騒音など)
●飼い主の変化に伴うストレス
 
 私たち人間がしっかり認識すべきことは、一緒に生活する動物に対してどのような素晴らしい環境を与えてもストレスは必ず存在するということです。しかしそのストレス作因に対して過敏になりすぎることで、それ自体が動物のストレスにつながることも理解しなければいけません。
 

 
 大切なことは、動物に変化が見られた場合、早めに獣医師に相談し原因となるストレスに対して、更にはそれに伴う症状に対して適切な対処を行うことです。また病気を患った動物を前に飼い主が精神的に落ち込み、過剰な心配から動物と一緒にふさぎ込んでしまうと、動物が飼い主を逆に心配してしまい、それが負のスパイラルへと繋がる可能性もあります。
 
 動物たちがストレスを示したときは、飼い主さんの「笑顔」がそれを緩和する大きなクスリとなることを知っておいてください。つまり、人と動物がお互いに笑顔で生活できる環境づくりこそが「ストレス」という大きなテーマに対する、最も有効な対処法なのではないでしょうか。
 
 
 

協力:緑の森どうぶつ病院

旭川市旭神3条2丁目
TEL 0166-60-5866
https://midorino-mori.jp
 

 

※掲載情報は、取材当時のものです。閲覧時点で情報が異なる場合がありますので、予めご了承ください。


GO TOP