北海道新聞 旭川支社 + ななかまど

北海道新聞 旭川支社 + ななかまど

旭川ミニぐるめ情報

ミニぐるめ君が食べて選んだ感動の味口コミ情報をはじめ、 食の特集やレシピまで、知って得する情報が満載です。


vol.876 FARMERS SPICE KITCHEN 農珈屋(のうかや)本店

3種類のカレーにトッピングされた赤タマネギの酢漬けや肉みそ、ダイコンの甘酢漬けなどを混ぜ、味の変化を楽しむ“3種盛りカリー”。豆や米はうけがわファーム産。

 

 

コースのように味の変化が楽しめるミールス

3種盛りカリー

 

 バナナの葉に複数のカレーやご飯、ナン、炒め物などをのせて手で混ぜ合わせて食べる“ミールス”という、南インド独自の定食スタイルがある。これをワンプレートにのせた豪華なカレーを提供する専門店が増えてきたが、旭川でもそんな店が令和2(2020)年5月にオープンした。“うけがわファーム”直営の“FARMERS SPICE KITCHEN 農珈屋本店”だ。料理を担当するのは和食を学んだ経歴を持つ、沖縄出身の亀濱正哉氏。和食の技が盛り込まれた亀濱氏のカレーは、どれも奥深いうま味があふれている。

 

 

 お薦めはチキン豆カレーをベースに今月のカレー2種類が選べる“3種盛りカレー(1,450円)”。チキン豆カレーは異国情緒を感じるコリアンダーやクミンなど、香辛料の風味を自家製ブイヨンのうま味が一つにまとめ上げた逸品。後を引く炒めタマネギの甘さも上質だ。今月のカレーは、バリッとしたチリの辛さとココナッツのサラリとした甘さが絡み合う“ホットレッドエビカリー”や、出汁にウーロン茶を使ったピリ辛の“担々キーマカリー”がお薦め。トッピングの野菜の酢漬けやご飯の上にのった肉みそは、カレーに混ぜると味の変化が楽しめる。

 

 

 “ホットレッドエビカリー(1,000円)”や“担々キーマカリー(1,300円)”は単品でも注文でき、テイクアウト(900円)も可。カレー以外に“農珈屋プレート(1,200円)”もある。

 

単品カレーはテイクアウト可能

 

※感染症対策/ソーシャルディスタンス・パーティション・定期換気・マスク常時着用・手指アルコール消毒

 

感染対策に気配りされた店内

 

 

FARMERS SPICE KITCHEN 農珈屋本店

旭川市東旭川町上兵村384番地

TEL 080-9619-6942
【時間】11:00~19:30(LO19:00)
【休み】木曜日・不定休有
●25席●禁煙●P15台
※入店時マスク着用


ミニぐるめ君のつぶやき

「おせちもいいけどカレーもね」というCMがあったが正月明けは確かにカレーが食べたくなるので、今年初記事は極上のカレー専門店をチョイスしてみた。さあ今年もおいしい店探しに精進しながらガンバルゾ!!

【ミニぐるめ君ブログ】

https://ameblo.jp/ipponmatu-umare

 

 

※掲載情報は、取材当時のものです。閲覧時点で情報が異なる場合がありますので、予めご了承ください。


GO TOP