北海道新聞 旭川支社 + ななかまど

北海道新聞 旭川支社 + ななかまど

旭川ミニぐるめ情報

ミニぐるめ君が食べて選んだ感動の味口コミ情報をはじめ、 食の特集やレシピまで、知って得する情報が満載です。


vol.874 鮨六

サンロク街応援特別記事

マグロ赤身以外はボタンエビ、ズワイガニ、ホタテ、ホッキなど道産のネタを握った“鮨六特製握り(写真は3人前)”。テイクアウトで忘・新年会を盛り上げるアイテムだ。

 

 

テイクアウトで忘・新年会を

鮨六特製握り

 

 師走を迎え例年であれば忘・新年会のシーズンなのだが、一度予約した宴会のキャンセルが続いている。旭川で広がるコロナ感染を考えるとやむを得ないことではあるがサンロク街の影響は大きく、予約が全く入っていない飲食店も少なくない。

 

 サンロク街で人気の寿司処“鮨六”も例外に漏れず、忘・新年会の予約の多くがキャンセルになっているという。横山淳一専務は「宴会をキャンセルする際は、同じ店でテイクアウトに切り替えていただけると助かります」と語る。確かに今年のサンロク街の宴会キャンセルの被害は例年のそれとは比べものにならず、どの店にもこのような配慮が必要だと感じる。

 

 そんな“鮨六”で横山専務お薦めのテイクアウトメニューは“鮨六特製握り(1人前10貫・2,160円)※写真は3人前”。道外から届くマグロ赤身以外はヒラメ、ボタンエビ、ズワイガニ、ホタテ、ホッキなど道産物のネタが並び、人気のウニやイクラは期待を裏切らないおいしさだ。この季節、一部に冷凍物も使っているが、ホタテやホッキは活貝が使われ、どのネタも甘さが引き出されるタイミングを見極めながら握っているという。

 

 店内メニューでお薦めは握り15貫に汁物がついた“満腹握り(2,420円)”。ウニやイクラ、タコなどの道産物に、サバやカンパチなど道外産のネタがバリエーション豊富に楽しめる。

 

店内メニューで1番人気の“満腹握り”

 

 サンロク街ならずとも、私たちを楽しませてくれた飲食店を応援することは、まわり回って経済という絆でつながった私たちの暮らしを守ることでもあると思う。

 

職人の技が見えるカウンター席

 
 

鮨六

旭川市3条通7丁目右1号

TEL(0166)25-4413
【時間】17:30~翌深夜1:00(金、土曜日2:30)
【休み】日曜日
●28席●禁煙


ミニぐるめ君のつぶやき

閉店や郊外への移転の声が聞こえてくるサンロク街だが、「鮨六はここで頑張ります!!」と横山専務から力強い声をいただいた。どこに行ってもコロナは付いてくる。「ここで頑張る!!」の気持ちが一番大事だと感じた。

【ミニぐるめ君ブログ】

https://ameblo.jp/ipponmatu-umare

 

 

※掲載情報は、取材当時のものです。閲覧時点で情報が異なる場合がありますので、予めご了承ください。


GO TOP