北海道新聞 旭川支社 + ななかまど

北海道新聞 旭川支社 + ななかまど

旭川ミニぐるめ情報

ミニぐるめ君が食べて選んだ感動の味口コミ情報をはじめ、 食の特集やレシピまで、知って得する情報が満載です。


Vol.850 Wolves tracks(ウルブストラックス)


インドネシアから取り寄せたカカオ豆を自家焙煎して作ったチョコレート“インドネシア/エンレカン74%”(写真は1カット)。ウイスキーに合わせるとたまらなくおいしい。

フルーティーなフレーバーが本物の証

インドネシア/エンレカン74%

 

「僕は本当のチョコレートを知らなかった」。それに気付かせてくれたのが、上富良野でチョコレートタブレットを製造する「Wolves tracks(ウルブストラックス)」だ。カカオ豆の自家焙煎から手がけ、“ビーントゥバーチョコレート”と呼ばれる一貫製造で作られたチョコレートはカカオの風味が際立ち、子供の頃から食べてきた甘さが強いそれとは全く別物だと感じる。原材料はインドネシアやベトナム産の農薬不使用のカカオ豆と、沖縄県宮古島産の黒糖やインドネシア産のココナッツシュガーのみ。乳化剤や香料などの添加物も不使用で、チョコレート本来の風味を楽しむことができる。

 

お薦めは“インドネシア/エンレカン74%(シート70g・1,361円、カット5g・113円)”。ビターな味わいの奥からカカオのフルーティーな風味が爽やかに広がり、カカオはフルーツであることが実感できる。甘さは控えめで、あくまでもカカオの風味を後押しする脇役に徹している。「大人なチョコレート」と思われがちだが、産地では子供も口にする本来の味わいだ。甘いチョコレートに馴染んできた日本人向けに糖分を増量した“オリジナルブレンド65%(シート70g・1,512円、カット5g・140円)”も用意されているので、初心者はこちらがお薦め。

 


“オリジナルブレンド65%”

 

チョコレートは本来ポリフェノールが多く含まれた健康食品でもある。自然素材だけで作ったチョコレート本来のおいしさと安全性を是非一度堪能してほしい。

 


焙煎状態をチェックする土村オーナー

 

 

Wolves tracks(ウルブストラックス)

空知郡上富良野町東4線北19号

 

 

TEL080-4511-7392
【時間】夏季10:00~19:00・冬季10:00~日没
【定休日】不定休
●P有

 


ミニぐるめ君のつぶやき

初めてここのチョコレートを食べたときは、少し理解に苦しんだ。2回目に食べたときに、そのおいしさにはまった。しかもほんのひとかけらでびっくりするほど味わい深い。今夜もこのチョコレートのおかげで水割りが進みそうだ。

【ミニぐるめ君ブログ】

https://ameblo.jp/ipponmatu-umare

 

 

※掲載情報は、取材当時のものです。閲覧時点で情報が異なる場合がありますので、予めご了承ください。


GO TOP