北海道新聞 旭川支社 + ななかまど

北海道新聞 旭川支社 + ななかまど

旭川ミニぐるめ情報

ミニぐるめ君が食べて選んだ感動の味口コミ情報をはじめ、 食の特集やレシピまで、知って得する情報が満載です。


Vol.837 道産小麦工房 Bran(ブラン)

ケーキのトッピングとしてアニマルドーナツを作ってきたが、そのひとつとして顧客からリクエストされたことがきっかけで誕生したかわいい“シマエナガドーナツ”。


心癒やす、手作りスイーツ

シマエナガ ドーナツ

 

「これ知ってる?」と、妻から見せられたSNSの記事に、かわいいドーナツが写っていた。正確に言うとドーナツの穴に鎮座する、かわいい“シマエナガドーナツ”だ。その愛らしい表情に、ズキューンとばかりに一瞬で心を打ち抜かれた。

 

シマエナガは北海道の留鳥で、冬毛が真っ白で丸々とした愛らしい姿から“雪の妖精”の愛称で、ここ数年人気急上昇の野鳥だ。作っているのは「道産小麦工房Bran(ブラン)」。3種類の道産小麦をブレンドしたモッチリとした生地やトッピングなど、手作りに徹した無添加の優しい味わいが人気だ。

 

“シマエナガドーナツ”は2種類。ザクザククランチとミルクチョコがコーティングされたショコラドーナツに乗った“巣の中のシマエナガ(324円)”と、ココナッツとホワイトチョコがコーティングされたプレーンドーナツに乗った“雪の上のシマエナガ(324円)”。もちろんシマエナガもホワイトチョコでコーティングされたサクサクオールドファッション。どれも甘すぎず優しい味わいで、難点があるとすればかわいすぎて食べにくい事くらいだ。顧客のリクエストから生まれた新商品だが、フェイスブックで宣伝したところ一気に大人気になったのだという。

 

トッピングも無添加のドーナツ各種

 

通常メニューも絶品揃い。生地のおいしさが実感できる“ミルク(140円)”、“塩バターパン(151円)”、“チキン南蛮バーガー(270円)”、“手作りデコレーションケーキ(2,800円〜)”など。

飲食店の多くが新型コロナウイルス感染防止対策に打撃を受けているが、「ブラン」の取り組みが何かのヒントになればと願う。

 

ソースが絶品、チキン南蛮バーガー

 

 

道産小麦工房 Bran(ブラン)

旭川市永山3条1丁目 ラウンドワン1F

TEL.0166-48-2366

【時間】11:00~21:00 ※なくなり次第閉店
【定休日】不定休
●7席●禁煙●子ども連れ歓迎●P有

 

 


ミニぐるめ君のつぶやき

新型コロナウイルス感染防止対策で、テナント店として様々な工夫を重ねてきたが、“シマエナガドーナツ”が流れを変え始めてきている。「絶対に諦めません」と力強く語る河野オーナーが印象的だった。

【ミニぐるめ君ブログ】

https://ameblo.jp/ipponmatu-umare

 

※掲載情報は、取材当時のものです。閲覧時点で情報が異なる場合がありますので、予めご了承ください。


GO TOP