北海道新聞 旭川支社 + ななかまど

北海道新聞 旭川支社 + ななかまど

旭川ミニぐるめ情報

ミニぐるめ君が食べて選んだ感動の味口コミ情報をはじめ、 食の特集やレシピまで、知って得する情報が満載です。


vol. 881 キョクトー

素材本来の風味を閉じ込めた3種類の“ふかしじゃがいも”。道内外はもとより中国など、海外へも届けられている人気商品だ。

 

 

真空パック後の加熱処理で栄養を閉じ込めた

ふかしじゃがいも

 

 じゃがいもは北海道を代表する野菜のひとつで、様々な料理に活躍するが、加工や調理に手間がかかり、忙しい方には敬遠される傾向がある。その問題を解決すべく皮をむき、ふかして真空パックにした“ふかしじゃがいも”がイオン(旭川駅前店・旭川西店・旭川春光店)・ウェスタン パワーズなどで販売されている。製造元は東鷹栖で長年農産加工品に携わってきた「キョクトー」だ。

 

 品種はじゃがいも本来のおいしさが詰まった“だんしゃく(6個・410円)”、気品のある味わいで煮崩れしにくい“メークイン(6個・410円)”、ホックリとした濃厚な甘さが広がる“インカのめざめ(200g・302円)”の3種類。加工方法にも大きな特徴がある。このタイプの加工品は水煮されるのが一般的だが、水溶性のミネラルやビタミンが煮汁の中に流れ出てしまう欠点がある。「キョクトー」の“ふかしじゃがいも”は真空包装してから加熱処理をするため、栄養がしっかり閉じ込められ、その違いは味の濃さが実証している。そのまま食べられるが、肉じゃがなどに使うと時短料理になるメリットもある。常温保存で1年間ほどの賞味期限があり、じゃがいも以外の素材は一切使っていないので、小さなお子さんも安心して食べてほしい。

 

 この他、同じく真空包装してから加熱した“スイートコーン”や、北海道産かぼちゃと塩麹だけで作った“かぼちゃと塩麹のポタージュ(100g×2袋・453円)”も販売中。

 

“かぼちゃと塩麹のポタージュ”

 

かぼちゃやとうもろこしも販売中

 

 夏期シーズンには社屋横の直売所で、とうもろこしなど採れたて野菜の販売もおこなっているのでぜひ足を運んでほしい。

 

 

キョクトー

旭川市東鷹栖5線12号

TEL(0166)57-5779
【時間】9:00~17:00
【定休日】土・日・祝日
●P有
※一部商品は直接購入可能。


ミニぐるめ君のつぶやき

北海道の食の魅力は添加物で長持ちさせた食材を提供することよりも、生命力のある新鮮な素材そのものの魅力を自然な形で提供することが大事だと思っている。それを実行しているのが「キョクトー」だと思う。

【ミニぐるめ君ブログ】

https://ameblo.jp/ipponmatu-umare

 

 

※掲載情報は、取材当時のものです。閲覧時点で情報が異なる場合がありますので、予めご了承ください。


GO TOP