北海道新聞 旭川支社 + ななかまど

北海道新聞 旭川支社 + ななかまど

旭川ミニぐるめ情報

ミニぐるめ君が食べて選んだ感動の味口コミ情報をはじめ、 食の特集やレシピまで、知って得する情報が満載です。


Vol. 861 麺処ajito(あじと)

「らーめんゑびす家」時代から人気だった“濃厚豚骨魚介つけ麺”はスープの魚粉がパワーアップ。低温調理のチャーシューと鶏つくねもプラスされている。

 

魚介のうま味が心をつかむ極上スープ

濃厚豚骨魚介つけ麺

 

 自然派ラーメン専門店として人気だった「らーめんゑびす家」が昨年神奈川県に移転した。同店に勤めていた五十嵐氏がその味と店名をそのまま継承し営業していたがメニューを絞り込み、味も自分流にアレンジした上で店名も「麺処ajito(あじと)」に変わり、今年5月に新規オープンした。

 

 お薦めは冷たい麺を熱々のスープにくぐらせる“濃厚豚骨魚介つけ麺(800円)”。つけ麺よりスープたっぷりのラーメンの方がいいと思う方もいるかもしれないが、ここのつけ麺は侮るなかれ、リピート率が最も高いメニューなのだ。もっちりとした喉ごしのいい麺と、豚骨と魚介のうま味を凝縮した自然な甘さのスープは一口で心を鷲づかみにする。食べ進める毎にスープに浮かべた魚粉が溶け込んで濃厚さが増し、心が満たされてゆくのもポイントだ。スープは少し甘めなので、お子様にもお薦め。低温調理のチャーシューはしっとり軟らかく、ホックリとした鶏つくねと共に味にアクセントを与えてくれる。残ったスープは“ライス(小100円)”を入れるとおじやが楽しめる。

 

 “濃厚油そば(700円)”もいい。“油そば”と言っても油っぽさは全くなく口当たりが軽やかで、オイスターソースのうま味が喉の奥まで広がってゆく逸品。器に“ちょこっとライス(50円)”を加え、タレの最後の一滴まで楽しんでほしい。

 

根強い人気の“油そば”

 

 その他のメニューは、こってりとした“焼き味噌らーめん(800円)”、“煮干し正油らーめん(800円)”、“手づくり焼き餃子(3個350円・5個500円)”と、各種トッピングが揃う。

 

店舗は「らーめんゑびす家」の跡地

 

 

麺処 ajito(あじと)

旭川市旭神3条2丁目2-6

TEL (0166)66-2277
【時間】11:00~15:00 17:00~21:00
【定休日】水曜日 第3火曜日
●16席●P8台●禁煙
 

 


ミニぐるめ君のつぶやき

「麺処ajito」で新規オープンしてから、オーナーの五十嵐氏は生き生きとしている。人気店の味と店名を継承するもほどなく消えてゆく店は少なくない。「自分流」をプラスすることは長続きに重要な要素のような気がした。

【ミニぐるめ君ブログ】

https://ameblo.jp/ipponmatu-umare

 

 

※掲載情報は、取材当時のものです。閲覧時点で情報が異なる場合がありますので、予めご了承ください。


GO TOP