北海道新聞 旭川支社 + ななかまど

北海道新聞 旭川支社 + ななかまど

旭川ミニぐるめ情報

ミニぐるめ君が食べて選んだ感動の味口コミ情報をはじめ、 食の特集やレシピまで、知って得する情報が満載です。


Vol.842 Bistro wine-ya(ビストロわいん家)

本格的なレストランメニューを盛り合わせた“お持ち帰り用オードブル”。写真手前は“牛ステーキ”のオードブル。写真奥は“豚ヒレ肉のホワイヨ”のオードブル。


ホームパーティーを盛り上げるおうちで本格フレンチ

お持ち帰り用オードブル

 

 本格的なレストランメニューを盛り合わせた“お持ち帰り用オードブル”。写真手前は“牛ステーキ”のオードブル。写真奥は“豚ヒレ肉のホワイヨ”のオードブル。
 本格的なフレンチを、カジュアルなビストロ(食堂)スタイルで提供する「Bistro wine-ya(ビストロ わいん家)」。「新和食町家」や、「炉端町家」の系列店で人気のレストランだ。社会情勢に配慮し、店の味が自宅で楽しめる“お持ち帰り用オードブル(3人前・4,320円)”を5種提供している。

  

 

 お薦めは“牛ステーキ”がメインのオードブル。十勝産牛を柔らかく焼き上げた牛ステーキに赤ワインソースが添えられた本格フレンチ。ゲランドの塩と香辛料で味に深みを与えたレバームースは、ワインやウイスキーとの相性がいい。季節で変わるピクルスの箸休めも楽しい。豚肉にパン粉とチーズ、バターを塗って香ばしく焼き上げた“豚ヒレ肉のホワイヨ”がメインのオードブルは、越冬させたインカのめざめを色が付くまでバターで焼いた“じゃがいものコロレ”もシェフお薦めの味。この他フランスシャランガモを低温調理した“カモのコンフィ”メインのオードブルと、“仔羊肉のトマト煮”メインのオードブルがある。

 

 

和食のオードブルも系列店で提供

 

 「新和食町家」や「炉端町家」もホッケ半身をはじめ、だし巻き卵や鯛飯のおにぎりがセットになった和食のオードブルを提供しているが、この2店舗は5月6日まで自粛休業中となっている。

 

 

味わいのある店内

 

 

前日予約を基本としているが、タイミングがよければ2時間前でも用意することができるとのこと。予約受付と引き渡しは3店舗それぞれの対応で、料理内容はそのときにより変わることがある。

 

ゴールデンウィークの予定の一つに「オードブル」も加えて、美食で楽しいひとときを過ごしてみてはいかがだろうか。

 

 

Bistro wine-ya (ビストロわいん家)

旭川市3条通7丁目
bieLuビル1階

TEL(0166)27-3344
【時間】17:30~1:00
【定休日】日曜日※5月4日、5日、6日臨時休業
●29席
※新和食町家 TEL(0166)27-1144、炉端町家 TEL(0166)25-4444

 

 


ミニぐるめ君のつぶやき

どのオードブルも目が覚めるほどうまい。自粛ムードで家にいる時間が増えるなら、せめて料理だけでも外出気分を味わいたいものだ。料理は食器に盛り付けて、外食気分を演出するのもいいかもしれない。

【ミニぐるめ君ブログ】

https://ameblo.jp/ipponmatu-umare

 

 

※掲載情報は、取材当時のものです。閲覧時点で情報が異なる場合がありますので、予めご了承ください。


GO TOP