北海道新聞旭川支社
美瑛町の丘から見た十勝岳の山々
Hokkaido shimbun press Asahikawa branch

今週の1枚
160620.jpg

赤ちゃんトラ はや人気者*旭山動物園で公開(6月16日)
 
 旭川市旭山動物園で6月15日に一般公開が始まったアムールトラの雄と雌の赤ちゃん2頭は母ザリア(6歳)の足の間をくぐって甘えたり、2頭同士でじゃれついたりと愛らしい姿を見せ、来場者からは「かわいい」との歓声が上がっている。
 2頭は4月8日に、ザリアと雄のキリル(7歳)との間に生まれた。出生時は1キロ程度だったが、現在は体長50センチ、体重9キロにまで成長。まだ授乳中で近く離乳食が始まるという。
 雄の方が雌よりもやや体が大きく、活発な様子。アムールトラが暮らすロシアをイメージした針葉樹と広葉樹が植えられた「おり」の中を2頭仲良く走り回っていた。
 赤ちゃんは当面ザリアと一緒に展示するが、公開時間は当日の朝に旭山動物園のホームページで告知する。問い合わせは同園(電)0166・36・1104へ。(笠原悠里)
【写真説明】一般公開初日から、リラックスした様子でじゃれ合うトラの赤ちゃん(小室泰規撮影)
今日のニュース

もぎたて大粒「甘い」
比布 8農園でイチゴ狩り(2016/6/24)

 もぎたての路地イチゴを味わえる恒例の「2016ぴっぷいちご狩り」が、比布町内の8農園で行われている。初日の22日は来園した子どもらが旬の大粒のイチゴを堪能していた。
 22日は生育状況などの影響で5農園が営業した。このうち島農園(北1線11号)では、町内の園児たち約60人を招待。子どもたちは赤い実を探してイチゴをもぎ、「おいしい」「甘い」「おっきい」と笑顔を見せた。
 7月10日まで営業予定。開園直後は特に大粒のイチゴが楽しめるという。天候などにより、開園状況が変わる。問い合わせは町産業振興課☎0166・85・2111へ。

インフォメーション
 北海道新聞旭川支社は、新聞作りや新聞社の活動などに理解と関心を深めてもらうために見学者を受け入れています。
新聞ができるまでの様子を収めた映像を上映後、報道部の見学をすることができます。また道北の風景、出来事を中心とした報道写真「道北この1年」を展示しています。
 NIE(教育活動に新聞を)活動の一環として、小、中、高校生を対象に、また一般のグループ・個人の見学も同様に応じています。日程や見学内容などは相談させていただきます。

      ◇
 見学者ホールと支社各部署の見学希望はあらかじめ電話でお申し込みください。お問い合わせ、お申し込みは支社営業部総務担当(電)0166・21・2503(平日の午前10時−午後5時)へお願いします。
北海道新聞社ページへ

<題字下の写真>美瑛町の丘から見た十勝岳の山々

ホームページ内に掲載の記事、写真などの一切の無断転載を禁じます。
すべての著作権は北海道新聞社ならびにニュース配信元である通信社、情報提供者に帰属します。
Copyright(c)1996-2016 The Hokkaido Shimbun Press