北海道新聞旭川支社
美瑛町の丘から見た十勝岳の山々
Hokkaido shimbun press Asahikawa branch

今週の1枚
20150126.jpg
厳寒の造形美 愛され40年*層雲峡氷瀑まつり 1月24日開幕*氷像「アナ雪」の城をイメージ

 【層雲峡】上川町層雲峡温泉の冬の一大イベント「第40回層雲峡氷瀑まつり」(実行委主催)が1月24日に開幕する。節目となる今年は、石狩川河川敷の会場にディズニー映画「アナと雪の女王」の世界をイメージさせる氷の城や、台湾・高雄市の観光名所「龍虎塔」を模した氷像が登場し、鮮やかにライトアップされる。3月29日までの期間中、計40回の打ち上げ花火や「氷瀑ウエディング」のほか、「ゆるキャラ」が集う「ゆるキャラピック」や秋田県などから複数のチームが参加する「和太鼓フェスティバル」など、多彩なイベントが催される。(田辺恵)
 層雲峡温泉氷瀑(ひょうばく)まつりは、温泉街の宿泊客数が落ち込む冬季に、人を呼べる観光イベントを行おうと、1976年に初開催された。メーンは厳寒期の気候を利用して製作する巨大氷像で、恵庭市の造形作家・竹中敏洋さん(故人)が発案し指導に当たった。
 氷を削って作り出す彫刻ではなく、丸太や漁網、糸で骨組みを作って水をかけ、滝が凍った「氷瀑」を再現するのが特徴。製作は毎年12月下旬から行われ、川から何百トンもの水を揚げて散布する。層雲峡温泉のホテル・旅館従業員や町内会メンバーらが交代で毎日10人以上作業にあたる。
 初回から81年までは現在の層雲峡立体駐車場がある場所を会場としていたが、82年からは石狩川右岸に場所を移し、会場面積はそれまでの倍の約1万平方メートルとなった。大小約30の氷像のほか、かまくらや雪のステージが造成され、期間中は花火などの催しが連日続く。現在は国内外から期間中約15万人の観光客が訪れ、北海道を代表する冬のイベントの一つとなっている。
 今年のメーン氷像は、大ヒットしたディズニー映画「アナと雪の女王」を思わせる氷の城と、台湾・高雄市の観光名所「龍虎塔」をモデルに合体させた。高さ約13メートル、幅約50メートルと迫力ある大きさだ。龍虎塔には「龍の口から入って、虎の口から出ると災いが消える」と言い伝えがあるほか、大勢訪れる台湾からの観光客を歓迎する意味を込めた。
 層雲峡観光協会事務局長の中島慎一さん(45)は第18回から自身も製作に参加しており、「厳寒の中で行われる氷像作りは、天候によって水の散布の方向や勢いを細かく変えるなど、とても繊細な作業」と苦労を語る。40回の節目の今年は「これまでの経験や技術を結集した、素晴らしい氷像を見てもらえます」とPRする。
【写真説明】試験点灯が行われ、開幕を待つばかりとなった氷瀑まつり会場=1月22日午後5時30分(伊丹恒撮影)
今日のニュース

「チョコ募金」協力を イラクの子供の医療支援
旭川の病院事務員呼びかけ(2015/1/30)

 六花亭製菓(帯広)のチョコレートの販売収益をイラクの子供の医療支援などに充てる「チョコ募金」に、旭川市内の病院事務員が協力し、支援を呼びかけている。「チョコを買うことで子供たちを助けてほしい」と訴える。
 呼びかけるのは曽我部幸子さん(52)。チョコ募金は、東京のNPO法人・日本イラク医療支援ネットワーク(ジムネット、鎌田實代表)が六花亭の協力を得て2006年に始めた。イラク戦争で投下された米軍の劣化ウラン弾との関係が指摘される小児がん患者の支援が主な狙い。
 一缶500円でハート形のチョコ10個入り。闘病中のイラクの子供が描いたヒマワリやバラなどの絵がふたに印刷され、同じ絵柄のカードとともに同封されている。経費を除く330円のうちイラクへ275円、福島県へ30円、シリアに25円分を寄付する。
 曽我部さんは「イラクも、福島も、シリアも人々が穏やかに暮らせる状態になっていない。チョコをきっかけにそうした地域に関心を持ってもらえれば」と話す。市7の8、こども冨貴堂で販売中。問い合わせは曽我部さん☎090・5079・4768へ。

インフォメーション
 北海道新聞旭川支社は、新聞作りや新聞社の活動などに理解と関心を深めてもらうために見学者を受け入れています。
新聞ができるまでの様子を収めた映像を上映後、報道部の見学をすることができます。また道北の風景、出来事を中心とした報道写真「道北この1年」を展示しています。
 NIE(教育活動に新聞を)活動の一環として、小、中、高校生を対象に、また一般のグループ・個人の見学も同様に応じています。日程や見学内容などは相談させていただきます。

      ◇
 見学者ホールと支社各部署の見学希望はあらかじめ電話でお申し込みください。お問い合わせ、お申し込みは支社営業部総務担当(電)0166・21・2503(平日の午前10時−午後5時)へお願いします。
北海道新聞社ページへ

<題字下の写真>美瑛町の丘から見た十勝岳の山々

ホームページ内に掲載の記事、写真などの一切の無断転載を禁じます。
すべての著作権は北海道新聞社ならびにニュース配信元である通信社、情報提供者に帰属します。
Copyright(c)1996-2014 The Hokkaido Shimbun Press