北海道新聞 旭川支社 + ななかまど

北海道新聞 旭川支社 + ななかまど

旭川ミニぐるめ情報

ミニぐるめ君が食べて選んだ感動の味口コミ情報をはじめ、 食の特集やレシピまで、知って得する情報が満載です。


vol.879 鳥料理 小野木(おのき)

通常は大鍋で提供する“鳥鍋”を事前予約で一人ずつの小鍋に替えた“鳥鍋コース”。鶏料理5品が付くボリューム満点のコースで、食べきれない分はお持ち帰りできる。

 

軟らかジューシーな鶏肉をフルコースで

鳥鍋コース

 

 上品なのれんが小料理屋の風情を漂わせる「小野木(おのき)」。動物園通りに面した鳥料理専門店で、大正11(1922)年創業の歴史を誇る旭川を代表する老舗だ。コロナ禍に配慮して現在は昼のみの営業となっているが、予約があれば夜営業も対応している。

 

 水を使わないことで衣をサクサクに揚げた“千鳥揚げ(715円)”や、若鶏のもも肉をまるごと焼いた“新子焼き(770円)”などが人気で、それらをセットにした“鳥鍋コース(鳥鍋、もつサラダ、海鮮サラダ、千鳥揚げ、新子焼き、土瓶蒸し・3,630円※4名様から要予約)”は「小野木」を代表するコース料理だ。“鳥鍋”はすき焼きタイプで、大ぶりに切り分けられた白老産鶏もも肉が軟らかくジューシーで、おいしさにはまり、リピートしてしまう人気メニューだ。本来は大鍋で提供しているが、事前予約の際に希望すると一人ずつの小鍋に分けるソーシャルディスタンスに配慮した対応をしてくれる。また、すき焼きのつゆが胃に重いという方には、つゆをだしで薄めた鍋にかえることもできる。

 

大鍋で提供される通常の“鳥鍋”

 

 ランチメニューでは甘辛いタレが鶏肉のおいしさを後押しする“鳥重(715円)”や、鳥丼と鳥串揚げが付いた豪華な“特選ランチ(鳥丼、串揚げ、茶碗蒸し、味噌椀、ごまプリン、コーヒー・1,210円)”、“千鳥揚げ定食(1,045円)”がお薦め。

 

 数名での利用には広々とした畳敷きの個室もあるので、事前予約でこだわりの鳥料理を堪能してほしい。

 

ゆったりした個室

 

 

鳥料理小野木(おのき)

旭川市東旭川北1条6丁目動物園通り

TEL(0166)36-1146
【時間】平日11:00~15:00(お持ち帰り18:00まで)・週末11:00~20:30(LO20:00)
【休み】火曜日・第3月曜日・不定休
●個室(和室)※入店時はマスク着用


ミニぐるめ君のつぶやき

創業以来大鍋で提供していた人気の“鳥鍋”を一人ずつの小鍋にも対応し、利用の落ちている夜営業を予約のみに切り替えた老舗。食事する側も個室を利用するなど、お互いに配慮しながら楽しめたらと思う。

【ミニぐるめ君ブログ】

https://ameblo.jp/ipponmatu-umare

 

 

※掲載情報は、取材当時のものです。閲覧時点で情報が異なる場合がありますので、予めご了承ください。


GO TOP