北海道新聞 旭川支社 + ななかまど

北海道新聞 旭川支社 + ななかまど

旭川ミニぐるめ情報

ミニぐるめ君が食べて選んだ感動の味口コミ情報をはじめ、 食の特集やレシピまで、知って得する情報が満載です。


vol.877 Beer Car とびあ

右から軽やかな“ピルスナーupopo(ウポポ)”、ナッツのような後味の“一昼夜”、香ばしさのある“夜更けのBEET”。どれもクラフトビールならではのピュアな味わい。

 

 

忽布古丹(ホップコタン)醸造ビールをケータリング

ピルスナーupopo(ウポポ)

 

  飲食店の宅配サービスが活発化しているが、ビールのケータリングサービスが2020年12月からスタートした。対応しているのは黄色いキッチンカーの「Beer Car とびあ」だ。〈「○○」と、BEER〉が名称の由来で、ビールの力で“ひと・もの・こと”を繋げていくことをテーマとしている。販売しているのは上富良野の「忽布古丹(ホップコタン)醸造」のクラフトビールで、屋内外問わず依頼があった場所に出張し、注ぎたてを提供する。

 

 

 「忽布古丹醸造」のビールは上富良野産のホップを使ったクラフトビールで、際立つホップの香りと軽やかなモルトの風味が特徴。定番ビール3種と150種類以上の数量限定ビールがあり、お薦めは定番ビールの中の“ピルスナーupopo(ウポポ)”。口当たりが軽く香りが一段と爽やかなため、日本人の味覚にもよく合うビールだ。「とびあ」のキッチンカーには“ピルスナーupopo”と3種の限定ビールの合計4種類が用意されている。カップは3種類で、料金はSサイズ(90ml)250円、Mサイズ(210ml)500円、Lサイズ(360ml)750円。“飲み比べセット(Sサイズ4種・1,000円)”で味の違いを確認してから、好みのビールを大きなサイズで注文するのがお薦めの飲み方だ。ケータリングの条件は一度に3,000円以上の注文をしていただくショートタイプか、2時間を目処に1人平均3,000円以上の注文で4人から利用できるロングタイプとがある。詳細は応相談。

 

注ぎたてのクラフトビールが楽しめる

 

 コロナ禍で外食に不安を感じている方は、オードブルと一緒にビールのケータリングで外食気分を楽しんでほしい。

 

黄色いキッチンカーが来てくれる

 

 

Beer Car とびあ

旭川市宮下通19丁目806-1※倉庫のみで店舗ではありません

TEL 080-3230-0490
【電話・出張対応時間】14:00~20:00


ミニぐるめ君のつぶやき

三本雅行代表は「忽布古丹醸造」のクラフトビールのファンで、そのおいしさに力をもらった経験から「とびあ」を立ち上げたという。自分の大好きな味を信じて売り込むことは飲食業の基本のような気がする。

【ミニぐるめ君ブログ】

https://ameblo.jp/ipponmatu-umare

 

 

※掲載情報は、取材当時のものです。閲覧時点で情報が異なる場合がありますので、予めご了承ください。


GO TOP