北海道新聞 旭川支社 + ななかまど

北海道新聞 旭川支社 + ななかまど

旭川ミニぐるめ情報

ミニぐるめ君が食べて選んだ感動の味口コミ情報をはじめ、 食の特集やレシピまで、知って得する情報が満載です。


Vol.858 B.BROWN(ビー・ブラウン)

1度口にすると1日たりとも頭から離れなくなる刺激的なおいしさの“ビー・ブラウンカレー”。香ばしく揚げたポテトフライなど、味の変化が楽しめるトッピングも魅力的だ。

 

甘さと辛さ、うま味が心をわしづかみする逸品

ビー・ブラウンカレー

 

 「旭川でおいしいカレーはどこ?」というカレー論議になったとき、必ず名前が上がってくる「B.BROWN(ビー・ブラウン)」。ここまで書いただけで「おいおい紹介するなよ、客が増えて食べに行けなくなるじゃないか」と落胆する常連客が数多くいることを承知の上で書かせていただくが、食べたことのない方は是非一度ここのカレーのおいしさを堪能して欲しい。

 

 お薦めは“ビー・ブラウンカレー(880円)”。豚骨と鶏ガラを煮込んだスープに18種の香辛料を独自ブレンドしたルーは食欲をそそるダークブラウン。一口いただくと見た目以上にコクが深く、一手間かけたタマネギの甘さが口の中で踊った次の瞬間、強烈な辛さがカウンターパンチのように炸裂する。辛い、甘い、うまいが口の中で大暴れするのだ。この一口で味のとりこになり、もう一口が止まらなくなる。トッピングされたポテトフライやウインナー、ベーコンの味わいもカレー時間を楽しく演出してくれる。問題はここからだ。このカレーのおいしさが脳裏に焼き付き、「もう一度食べたい」という思いから抜けられなくなるのだ。筆者も間違いなくその中の一人である。

 

 辛いものが苦手な方には“ビーフシチュー(ライス、コーヒー付・1,400円)”がお薦め。まろやかな甘さと牛の芳醇なうま味に心が包み込まれ、カフェメニューを超越した本格派の味だ。

 

まろやかな甘さの“ビーフシチュー”

 

 今年の10月で35周年を迎える「B.BROWN」。店内に漂う自家焙煎コーヒーの香ばしさも心地よく、ハンドドリップで淹れる深煎りの“ビー・ブラウンブレンド(600円)”も楽しんでほしい。

 

自家焙煎コーヒーの香りが漂う店内

 

 

B.BROWN(ビー・ブラウン)

旭川市神楽3条4丁目4-11

TEL(0166)62-5520
【時間】11:00~19:00(LO18:30)※ご飯がなくなり次第閉店
【定休日】木曜日
●17席●禁煙●P2台

 


ミニぐるめ君のつぶやき

アーリーアメリカンを彷彿とさせる、気品と落ち着きのある店舗デザインも魅力的な「B.BROWN」。BGMも70年代を中心にした洋楽がさりげなく流れている。料理もさることながら、店舗の空気感も大きな魅力だと思う。

【ミニぐるめ君ブログ】

https://ameblo.jp/ipponmatu-umare

 

 

※掲載情報は、取材当時のものです。閲覧時点で情報が異なる場合がありますので、予めご了承ください。


GO TOP