北海道新聞旭川支社
Hokkaido shimbun press Asahikawa branch

旭川ミニぐるめ情報
ウインナー&青いチーズ * 素材のおいしさを引き出した酪農家の傑作 * 伊勢ファーム  2012/07/27
添加物を一切使わない生タイプの“ウインナー(右)”と、ヨーロッパの伝統的製法で仕上げた濃厚なうま味が魅力のブルーチーズ“江丹別の青いチーズ(左)”

 江丹別で酪農を営む“伊勢ファーム”にお勧めのウインナーがある。自家産牛乳や上川産小麦を与え、抗生物質を使わず牧場内で肥育した豚を加工した“ウインナー(5本入・600円)”だ。くん製をかけていない生タイプで、ブラックペッパーやジンジャーなど7種類の香辛料とモンゴル岩塩が豚肉のうま味を見事に引き出している。添加物は一切使わず冷凍状態で販売している。加工担当は伊勢ファーム勤務10年目を迎えた長男の昌司さん(28歳)。

 同じ伊勢ファームに、国内外の料理人から高い評価を受けている乳製品がある。次男の昇平さん(26歳)が作る“江丹別の青いチーズ(10g70円)”だ。自家産牛乳とモンゴル岩塩を使ったブルーチーズだが、あの独特の臭みが全くなく牛乳と岩塩のうま味が後を引くバランスの良い上質な味わいだ。新得町とフランスでチーズ作りを学んだ昇平さんだが、“江丹別の青いチーズ”の製法は独学だという。朝晩絞った自家産牛乳でそれぞれ別々にチーズを作ってから合わせて一つのチーズにするヨーロッパの伝統的製法で、発祥地であるイタリアでも今はほとんど入手できない味なのだ。旭川グランドホテルの“シャンドール”と“エジソンズ”でチーズの盛り合わせに使われているが、新メニューも近々登場する予定だ。

濃厚なおいしさの
牛乳ソフトクリーム
放牧牛の牧場に
隣接したショップ

 ホルスタインと濃厚なジャージー牛の牛乳をブレンドした“牛乳ソフトクリーム(レギュラー250円)”は変わらぬ人気。“江丹別の青いチーズ”と“ウインナー”は予約をお勧めするが、ソフトクリームを食べにドライブがてら江丹別へ足を運んでみるのもよい季節だ。



伊勢ファーム
旭川市江丹別町拓北214
TEL(0166)73-2148
●営業時間/
平日13:00〜17:00
土日祝10:00〜18:00
●定休日/火曜日●P有


ミニぐるめ君のひとりごと
シャンドールの武田シェフによると“江丹別の青いチーズ”はクリーム系のパスタに加えたり、ハチミツをかけて黒コショウを振りかけるのもお勧めらしい。武田シェフ、これからも“江丹別の青いチーズ”をよろしくお願いしますぞ!!
どうしん電子版
戻る