北海道新聞旭川支社
Hokkaido shimbun press Asahikawa branch

支社長のぶらり旭川 あっ地こっ地 漫遊記

第2回 常磐公園(下)     2013/11/08

音楽に演劇に読書に
芸術や文化を存分に楽しむ

 今回は常磐公園の後編をお届けしましょう。前回は、豊かな自然や野外彫刻など屋外の魅力を満喫しましたが、園内には美術館や公会堂、図書館などの文化施設も多く、市民の皆さんが気軽に芸術や文化に親しめるスポットでもあります。

びっしりと本が並んだ書架の列。なかなか壮観です。


@

 赤や黄色の落葉と湿った土の匂いに近づく冬の気配を感じながら、千鳥ヶ池脇の散策路を西側へ抜け旭川市公会堂へと向かいます。

 旭川市公会堂は音楽や演劇などの文化催事の利用を目的に、1958年(昭和33年)に開館。その後、老朽化から取り壊しも検討されましたが、署名運動などを通じて存続を求める市民の声が高まり、2011年秋から耐震補強と老朽設備の改修工事を行い、今年4月にリニューアルオープンしました。

A

 「今回の改修では、建設当時のイメージの再現を目指しました」と話すのは旭川市教育委員会文化ホール担当課長の澤向英知さん=写真@左=。クリーム色の外壁や紺色の窓枠を再現し=写真A=、ロビー床面の石材など生かせるものは再利用するなど、市民にとって愛着ある建物の雰囲気を損なわない配慮が随所に施されています。「ステージや楽屋を広くしたり、エントランスに風除室を設けたりしたことで、以前よりぐっと使いやすく快適になっています。お客さまがゆったりとステージを楽しめるように、客席の椅子も幅を広げました」と澤向さん。ついでにステージにも立たせてもらい、スター気分を味わうことができました。

 日を改めて、次に足を運んだのは旭川市中央図書館です。灯火親しむべき候、本好きの皆さんにとっては、これからますます利用することが多くなる場所ですね。同館奉仕係長で司書の杉山一彦さんに館内を案内していただきました。

B

 玄関をくぐると目に飛び込んでくるのは膨大な書架の列。その眺めはさながら「本の山脈」です。2階では旭川市出身作家の企画展や、絵画の展示なども行われています。関係者以外は入れないという、3階の書庫ものぞかせてもらいました。こちらには、旭川市図書館の前身ともいえる私設図書館「下村文庫」=写真B=から寄贈された書籍や、大正時代に旭川で発行されていた新聞など貴重な資料も保管されており、図書館とは巨大な知の宝庫であると、あらためて実感しました。

 1階の受付カウンターの奥には視聴覚ブースが設置され、DVDやCDがずらりと並んでいます。「近年はメディアも多様になり、本の貸し出しだけでなく、いろいろな情報をいろいろな形で利用してもらうのが図書館の一般的な形になってきています」と杉山さん。

 図書館にはしばらくごぶさたしていましたが、今度はゆっくり音楽や映画も楽しみに来ようと思います。

取材協力
■旭川市公会堂
住所/旭川市常磐公園 電話/0166-22-4173
■旭川市中央図書館
住所/旭川市常磐公園 電話/0166-22-4174
開館時間/火曜・金曜 10:00〜18:00
水曜・木曜 10:00〜20:00、土曜・日曜・祝日 10:00〜17:00

もっと聞きたい

映画や音楽も楽しめます

――こちらにはどのくらいの蔵書がありますか。
「中央図書館全館で70万冊あります。そのうち約15万冊が児童書です。市内には4つの分館(末広・永山・東光・神楽)と10の分室があり、そちらで手続きすれば中央図書館まで足を運ばなくても市内の蔵書はすべて借りることができます」
――道立図書館の本も借りられるんですね。
「今は道内だけでなく、全国の図書館がネットワークでつながっているので、どこにどんなものがあるかお互いに調べながら、持っているところから借り受けて利用したい方に提供することが可能です。探して見つけられて、相手が貸してくれるものなら何でも用意できます」
――最近の図書館はDVDやCDなど、映画や音楽も楽しめる施設になっています。
「今ではなかなか見られないレーザーディスクも置いています。朝から映画鑑賞に来られる方もいらっしゃいますよ」
――2階の読書テラス=写真=は心地よいですね。
「このようなテラス付きの図書館は道内ではあまりないかもしれません。飲食しながら読書を楽しんだり、常磐公園の景色を見て季節を感じたりしていただけます。降雪シーズンは利用できませんが、晴れた日など本当に気持ちの良いおすすめの場所なんですよ」

旭川市中央図書館
奉仕係長
杉山一彦 さん

なるほど
 ご存じの方も多いかもしれませんが、旭川市公会堂の客席椅子には旭川家具が採用されています=写真=。座席数は最大725席(車椅子席を使用しない場合)と、改修前の845席からは減っていますが、その分幅が広がり座り心地がよくなりました。手すりの手触りにも上質感があり、旭川家具の実力をじかに感じられます。

どうしん電子版
戻る